【子育ての悩み】まずは相談を!育児のイライラ爆発させる前に電話相談を

子育て

子育ては一度悩み始めると、つい悪い方向へ考えてしまいます。育児にイライラするという経験は、育児経験者の誰でも1度は通る道。イライラが爆発し、子供に八つ当たりしてしまう前に、誰かに相談することをおすすめします。今回は、子育てのプロに相談できる、「子育て悩み相談窓口」をご紹介します。

 

 

子育てのストレスをうまく発散できる人と、そうでない人がいます。悩んでいる内容、相談相手の有無、性格、みんなそれぞれ違います。子育てに悩むこと自体は恥ずかしいことでもなんでもありません。放っておくと、最悪の場合、子供や赤ちゃんへの八つ当たり、自分の気づかないうちに虐待にエスカレートするケースもあるので、自分が育児に対してストレスを感じたり、誰かに相談したいと思った時は、恥ずかしがらずに相談すべきです。今回は、その手段の一つとして、「子育て悩み相談窓口」をご紹介します。

 

・相談すればいいと言っても、相談相手がいない

・ママ友がいない

・ママ友はいるけど急な悩みなので今すぐ相談したい

・こんな悩み恥ずかしくて誰にも相談できない

・親を頼るのはできれば避けたい

 

「子育て相談窓口」を利用するメリット

知らない人だから言えることもある

ママ友や親には言えない悩みだってあると思います。病気の事、自分を責めてしまいそうな時、赤裸々な内容でも、思い切って相談してみることをおすすめします。特に初めてのお子さんの場合、誰もが未経験でぶち当たる壁です。真剣に話して、子育ての悩みをしっかり解決しましょう。

 

ネットでは不十分

子育てで悩みが出てきたら、今の時代インターネットで検索するのが一般的です。しかし、その情報が正しいのか、間違っているのか、あなたは判断できますか?

・急に子供が熱を出した

・夜中に赤ちゃんが嘔吐した

・母乳を全く飲まない

・もしかしてアレルギー?

このように、悩みの中には専門的な処置を必要とし、正しく対処しなければ命の危険につながることも多々有ります。ネット上の情報は、手軽に入手でき、正しいことが書かれていることも多いのですが、育児で未経験の事態が起こった時、一人で悩んで解決せずに、専門家に電話して正しい対応を取ることをおすすめします。

 

苦しい今!このタイミングで家にいながら相談できる

育児に関して、いつ悩みが出てくるかわかりません。赤ちゃんの体調にも関わる重要なことが、休日、夜中に出てくることがあります。そんな時に、専門家に電話できる環境が日本には整っています。

 

 

どこに電話すればいいの?

緊急時:子供に危険が及んでいる(虐待の恐れがある)場合はこちら

周りの子供、自分の子供、加害者がわからない、加害者が自分であっても、大丈夫です。子供を守るということは、親の自分をこれ以上追い込まないということでもあります。勇気を持って!

相談分野 虐待
電話番号 8000
営業時間 各都道府県によって異なるためこちらを参照ください

 

 

子供の健康面、体調に関することは?

子供医療電話相談

夜間や休日などに子供の体調が悪化し、かかりつけのお医者さんが診療時間外ということも多いのではないでしょうか。実際に私も経験があります。救急を要するのか、自宅で様子見するだけで良いのか、そういった判断を受けることができます。

相談分野 子供の健康(救急性があるもの)
電話番号 8000
営業時間 各都道府県によって異なるためこちらを参照ください

 

子育て全般に関する悩み相談は?

エンゼル110番

長年子育てに関する悩み相談を受けている実績があります。森乳もミュニケーション株式会社(森永乳業の関連会社)が運営しており、子供の食育や、妊娠中の胎児の発育などの相談を中心に、育児全般の相談が可能です。

相談分野 妊娠〜出産、就学前の子供・育児の相談
電話番号 0800-5555-110(無料)
営業時間 月〜土10:00〜14:00(日曜祝日・年末年始を除く)

 

子育てホットライン「ママさん110番」

相談分野 子育て相談全般
電話番号 03-3222-2120(無料)
営業時間 月〜金 10:00〜16:00

 

まとめ

・子育てのイライラは一人で悩まない

・子育ての悩みは相談して解決する

・友人や親に話しにくい内容こそ、外部の「子育て相談窓口」を利用する

 

コメント