スポンサーリンク
教育

家計を圧迫!中学生の塾代が高すぎる?学習塾の必要性を費用対効果から考えてみた。

中学生の塾代が高すぎできつい。 小学生の頃の習い事とは異なり、月々の出費として明らかに上位に食い込んできた。そんなご家庭も多いかと思います。中学生における通塾の必要性をまとめ、学習塾の費用に関するデータを調査、考察してみました。その上で費用をできるだけ抑える方法を考えていきましょう。
教育

あなたの年収で大丈夫?いつから通うべき?小学生の学習塾にかかる費用と重要性について

学習塾に通う子供の低年齢化は、ここ数年顕著である。 小学生でも低学年から、あるいは幼稚園や保育園に通う未就学児から学習塾に通う割合も多い様です。周りに通塾する子が増えてきたため、この記事にたどり着いた方もおられるでしょう。では、いつから学習塾に通わすべきなのか?そもそも小学生の低学年から塾通いの必要はあるのか?小学生の中でもどのくらいの割合が塾通いしているのか?統計データを参考に、学習塾の必要性や費用面の負担などを調査してみました。
旅行

小さすぎる子供を連れた旅行は危険?いつから行ける?子供連れの旅行

子供ができた。家族で旅行したいが、いつになったら連れて行けるのだろう?オススメの時期は?オススメの観光スポットはどこ?そんな疑問にお答えします。しかし、あまりにも小さいうちから旅行に出かけるのはリスクを伴います。家族全員が旅行を楽しめるためのポイントをまとめました。
教育

小さい子供の英語学習は本当に必要?-これからの時代を生き抜くために必要な力③

これからの時代を生き抜くために必要な力とはなんなのか?これからの時代、英語での会話力や読解能力は必要不可欠だと感じている方も多いと思います。確かにインターネットやSNSの普及により、世界との距離は縮まりました。しかし、子育て世代の私たちも、中学、高校と英語を勉強してきたにもかかわらず、英語を十分に話せる人はごくわずかです。そんな日本の大人たちは、こぞって「子供に英語を習わせるなら早いほうがいい」と言います。本当にその言葉を信用していいのでしょうか?
教育

これからの時代を生き抜くために必要な力②「論理的思考力」

現代の子供たちは、論理的思考力が欠如している。単に頭のいい子供を育てることが目的ではありません。これからの時代を生き抜くためには、今までよりもさらに論理的思考力の必要性が高まっているのです。
教育

これからの時代を生き抜くために必要な力①

給料が安い。 まさに死活問題である。 子供の養育費、娯楽費、医療費、食費、学費、家や車のローン。それらの項目に、満足な額のお金を当てられているご家庭はどのくらいあるのだろうか。我が家は全ての項目において、少なからず節約を心がけている。否、心がけざるを得ない状況であると言っても過言では無い。会社の給料が安いのか、それらの支出項目がそもそも高いのか、そんなことはどうでもいい。十分な収入を得られているという実感が無いこと自体が問題なのだ。 この項目に社会人らしく違う角度でメスを入れてみることにした。
教育

忘れ物が多い子供には理由があった!これを見ればそのイライラが治るかも?

小学生の頃、クラスに1人や2人、度を超えて忘れ物が多い友達はいませんでしたか?多くの人は思い当たる節が多いと思います。そんな人はいなかったという人は、もしかしたらご自身が忘れ物が多かったのでは?という冗談はさて置き、自分の子供の忘れ物が多く、非常に困っているという人は少なくないはず。子供の忘れ物防止対策などがあれば知っておきたいですよね。もしかしてADHD?なんてことがネット上でもささやかれているほど。実は、忘れ物が多い子供には傾向があり、原因がしっかりとしています。これらを理解することで、あなたのイライラが治るかもしれません。
暮らし

子供服を売るなら2nd street?メルカリ?

不要な子供服、子供靴に困っていませんか?特に子供が小さい間は、サイズアウトが早く、大量に不用品を抱えてしまう。なんてことも。私はまだ使えるものを捨てるのが勿体無いと思うタチなので。セカンドストリートに買い取ってもらうことが良くあります。しかし、メルカリを利用した方が高く売れるのでは?という意見もあるでしょう。子供服を売る場合、得するのはメルカリ?セカスト?実際にどれくらいの値段がついたのか、思ってたより安かった。高く売れた。など、結果と考察を踏まえて記事にまとめました。
病気

子供の口内炎は大変?原因と予防策や病院についてまとめました

口内炎はただの炎症と違って、子供の私生活に大きな支障をきたします。意外と難儀な子供の口内炎について、原因と予防策、治療や病院の受診についてまとめました。
暮らし

新車を徹底的に安く買うコツ

最近ではカーシェアやサブスクリプションなど、ライフスタイルの変化に合わせた提案も沢山あります。しかし、自家用車を持つということにステータスを感じる方もまだまだ多いはず。今回は実体験を元に新車を安く買うコツをお教えします。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました