【LCCの盲点】子連れ旅行は飛行機の「シートピッチ」に要注意!

旅行

家族旅行で飛行機を利用したいと思っているご家族の皆さん。「料金の安さ」「出発時刻」以外にも、快適な旅行を楽しむために、必ずチェックしておかなければならない項目があるんです。それは「シートピッチ」。「価格重視」も重要なポイントですが、安さだけのために「快適性」を捨ててしまっては、せっかくの家族旅行も楽しくなくなります。奥さんの不満を和らげるためにも、チケットの料金と同じくらい大切なシートピッチについて、各航空会社の比較をしてみましょう。

シートピッチとは

シートピッチとは、飛行機内の前後の座席間隔のこと。子連れで飛行機に乗って、「座席間隔狭すぎ!」なんて経験はありませんか?身長150cmくらいの方ならまだしも、180cm近くある大柄な人にとっては、足も組めないような座席間隔の飛行機は沢山あります。さらに小さい子供が席を移動したい!と動き回ろうとしても、狭すぎて子供のイライラ爆発!なんていう経験がある方も多いと思います。子連れで飛行機を利用する時だけに限らず、飛行機のシートピッチを理解することは、快適な飛行機旅をおくるヒントにもなります。

 

 

LCCのシートピッチは?

気になるLCCのシートピッチを表にまとめてみました。比較用に大手航空会社のシートピッチも入れています。

航空会社 一般的な座席のシートピッチ
ジェットスター 29インチ
ピーチ 29インチ
バニラエア 29インチ
春秋航空日本 29インチ
JAL 31インチ
ANA 31インチ
ソラシドエア 31インチ
スカイマーク 31インチ
スターフライヤー 34インチ

LCCのシートピッチはほぼ一様に29インチ。ANA、JALなどの大手航空会社は31インチ。特筆すべきは大手でもないLCCでもない、MCC(ミドルコストキャリア)や地域航空会社。大手航空会社並みのシートピッチを誇っています。スターフライヤーに至っては、34インチと、ANA、JALをしのぐ広さを誇っています。

LCCの座席は狭いの?

確かに大手のエコノミークラスと比較しても、確かにLCCのスタンダードな席は狭い。では、LCCで「快適性」は捨てなければならないのか。そんなことありません。LCCにもシートピッチの広い座席は存在します。例えば、peach(ピーチ)の座席分類で比較してみましょう。

Peachの座席

peach座席表

 

ピーチの座席は大きく分けて4種類。大手航空会社のように、エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスのような区分けがないので、基本的なシートの仕様は変わりませんが、シートピッチが異なります。さらに、場所によってはリクライニングの有無(非常口の関係)など、制限も設けられています。

スタンダードシート:68席

いわゆる通常の座席でシートピッチ29インチというのはこの座席。peachは座席せ亭ができません。もし指定したいという方は、web予約で¥400(国内線)、¥600(国際線)の座席指定料金が必要です。

 

プレジャーシート:70席

窓際や前方6列目から11列目の席。シートピッチはスタンダードと変わりません。で口までの近さがポイントです。座席指定する場合、web予約で¥500(国内線)、¥850(国際線)の座席指定料金が必要です。

 

スマートシート:36席

2〜5列目、12、13列目のややシートピッチが広い席。拳より一回り小さなスペース分、スタンダードシートよりゆとりがあります。特に12、13列目は足元が広く確保されています。しかし、これは非常口の近くである関係。小さなお子様や、妊婦さんなどは緊急時の対応を考え、この席は選択できないようになっています。小さなお子様連れの家族旅行で、この席を狙う場合は2〜5列目の空きを探しましょう。座席指定する場合、web予約で¥650(国内線)、¥1,100(国際線)の座席指定料金が必要です。

 

ファストシート:6席

1機につき6席しかない最前列のシート。もっともゆとりのある広々としたシートです。席数が少ない割りに、人気が高いので、早めの予約が必要です。座席指定する場合、web予約で¥1,30(国内線)、¥2,200(国際線)の座席指定料金が必要です。

 

まとめ

子供連れでLCCを利用する場合、座席の狭さで不快な思いをする必要なんて全くありません。子連れの家族旅行、数百円でゆとりのある席へ変更できるので、そこは惜しまずに予約されることをお勧めします。また、MCC(ミドルコストキャリア)や地域航空会社も狙い目です。シートピッチはLCCのスタンダードな席より比較的広く、また、お値段もLCCより若干高いくらい。航路によっては、LCCと同程度か、それ以上の便数も確保されているため、MCCや地域航空会社も子連れの家族旅行にはおすすめです。

コメント