妊娠・出産後のお腹やおへその黒ずみは消えるのか?

出産

妊娠中、出産後の女性の悩みの一つでもあるお腹の黒ずみ。出産という経験をしたの女性が抱く大きな悩みの1つでもあります。「子供を産んだ勲章」と言えばそれまでですが、女性としては綺麗でい続けたいですし、妊娠線や黒ずみを消して、子供達や旦那と夏の海に出かけたい。おしゃれを楽しみたいという思いは抱いて当然です。

 

・お腹周りの黒ずみの正体は?

・正中線の濃い黒い筋は消えるの?

・黒ずみは消えるのにどれくらい時間がかかるの?

 

みなさんが抱えている具体的な悩みはこのようなものではありませんか?今回は、このお腹わまり、特に正中線の黒ずみや、おへそ周りの黒ずみについて幾つかの質問にお答えしたいと思います。妊娠中にできたお腹周りの黒ずみや黒いスジは、そのメカニズムを理解することで対策が可能です。そして、その黒ずみを消すためにはどうしたら良いのか、一緒に考えていきましょう。

 

 

お腹周りの黒ずみの正体は?

それはホルモンバランスが崩れることによって現れるメラニン色素

妊娠中には黄体ホルモンが増加します。そして、シミや日焼け同様にメラニン色素が増加し、その結果正中線に黒い筋が現れます。実はこの正中線は人間誰しも持っているものなのです。舌の裏や股の下などにも、正中線同様、人間が左右対称に(内臓はそうではありませんが)細胞分裂した名残があります。

 

 

また、黒い原因となるメラニン色素は、メラノサイトと言われる細胞で生成されるのですが、メラノサイトは、女性ホルモンの影響を受けやすいと言われています。つまり、妊娠中や出産直後は女性ホルモンが多く分泌されているため、メラニン色素が出やすくなる。と言うわけなのです。

 

 

 

おそらく、妊娠中は本能的に体の防衛反応が働くのでしょう。「お腹の赤ちゃんを守らないと」という本能により、メラニンが生成される。紫外線から肌の組織を守る為、日焼けしたり、シミができたり、といった働きがあるので、妊婦の体がそのような防衛反応を取ることも十分理解できます。

 

 

 

妊娠中のお腹の黒ずみは予防できるの?

この正中線の黒ずみは、ある程度だったら予防できると考えています。なぜなら日焼けは防ぐこともできますし、日焼けで黒くなった肌が美容ケアで徐々に白くなることも、当然のようにみんなが知っていることだからです。つまり、お腹周りの黒ずみを、自力で極力薄くすることも可能だということです。正中線やお腹周りの黒ずみを薄くしたり、消すのに必要なキーワードはこの2つ。

 

・ホルモンバランスの変化
・メラニン色素の生成

 

1つ目の方法は、なるべくホルモンバランスを整えること。もう少し平たく言うと、体調を整え、常に健康な状態を維持し、極力ストレスを与えないことが重要だということです。

 

 

例えば睡眠。妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、不眠症になるという人が結構多くいます。逆に、いつも疲れた感じで、いくら寝ても眠たいという人もいます。質の良い睡眠を、しっかり取ることが重要です。

 

 

黒ずみを予防するにも消すにもまず体調管理

まず、22時〜2時までは、必ずしっかりと眠るようにしましょう。この時間帯は、成長ホルモンの分泌が活発です。肌のターンオーバーのことを考えても、この時間帯に深い眠りについておくことが必要です。

 

 

ということは、21時くらいには、就寝しなければなりません。さらに言うと、食事のタイミングはその2〜3時間前が良いとも言われており、テレビやスマホの画面を見ることも、その時間帯には避けたいところ。かなり厳しいことを言うようですが、このように人間の体ができているので仕方がありません。

 

 

妊娠中や出産後はホルモンバランスが崩れやすく、睡眠のリズムもバラバラになりがちです。そういう時こそ、正中線にできた黒ずみは治りにくいものなのです。胎児はもちろんですが、母体となるあなた自身のためにも、しっかり睡眠をとり、栄養バランスの取れた食事、適度な運動によって、いつも健康な状態を維持できるように心がけてください。

 

 

 

黒ずみは自力で消せるの?

正中線の黒ずみの原因はメラニン色素だと記述が上の方にもありました。ということは、食生活から黒ずみを消すことも可能ではないか?と考えるともできます。例えばビタミンC。ビタミンCは美白効果があると言われていますよね。

 

 

一日の摂取量の目安は100mg以上と言われています。

ちなみに妊娠中のビタミンCの理想的な摂取量は110mg以上。

授乳中の理想的なビタミンC摂取量は150mg以上です。

 

 

サプリメントで補充しよう!と思う方も多いでしょう。すべてのエビデンスを読んだわけではありませんので、なんとも言えませんが、過剰摂取には注意が必要です。ビタミンC自体は水溶性なので、過剰摂取しても、尿で排出されますが、その他油溶性のビタミンも入っているものがあります。油溶性のものは、基本的に体内に蓄積されるので、過剰摂取は禁物です。

 

 

 

やはり食物からの摂取が安心できる。という人も多いとおもいます。いちごやオレンジなどは、少量で比較的たくさんのビタミンCが入っているのでオススメです。しかし、糖分も多いので、食べ過ぎは注意です。野菜でいうと、パプリカやピーマンは、100gあたり100mg以上のビタミンCを含んでいると言われており、含有量としては多い部類に入るので、オススメの食材です。

 

 

 

どうしてもサプリで・・・という人は、葉酸サプリがオススメです。医師も葉酸の摂取を勧めているケースが多いので、聞いたこともある人が多いのではないでしょうか。葉酸サプリにビタミンCも含まれているものがあるので、それを摂取してみてはどうでしょうか。

 

 

しかし、摂取量は必ず守りましょう。過剰摂取は禁物。さらに言うと、利用したいサプリメントがある場合、必ず医師に相談してみてくださいね。葉酸は胎児の成長にも欠かせない栄養素になるので、適量であれば摂取しておいても問題ありません。

 

 

 

妊娠線との違いは?

産後の悩みを検索したり、相談に乗っていると、妊娠線と正中線の黒ずみが混同している人が多いように感じます。ですが、妊娠線と正中線の黒ずみは全くの別物です。妊娠線と正中線の黒ずみについて、違いをはっきりとさせ、理解した上で対策することをおすすめします。あなたは妊娠線と正中線の黒ずみのどちらに悩んでいるのか、どちらを消したいのか、クリームを買ってみたものの、実は用途や効果が違いました・・・なんてもったいないことは避けましょう。

 

妊娠線とは

妊娠線とは、お腹にできた「肉割れ」を指します。原因は胎児の成長に合わせてお腹が大きくなり、皮膚や真皮、皮下組織がこれ以上伸びることができず、ひび割れてしまうこと。くろずみとの違いは、どちらかというと赤みがかっており(産後は白く見えることも)、お腹全体やお尻にも現れます。

 

 

一方黒ずみは、メラニン色素によって黒くなった部分のことを指します。黄体ホルモンによる影響だと言われ、その働きによって、おへそ周りや正中線が黒くなります。

 

 

言葉として、妊娠線の方がポピュラーな気がします。実際に妊娠線を消したい!という人に答えた妊娠線対策のクリームや、予防クリームなどのケアコスメは数多くありますが、正中線の黒ずみを消すものはパッと思いつきません。

 

コメント